スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日の明暗


小雨降る中出発、いつものように大月は雨はない。

今日は瀬を狙おうと思っていると駐車場には多くの釣り人、瀬を諦めて上流に入る。

朝霧で視界が悪い、鮎の活性も悪い、腕が悪い・・・1時間反応無し!

水深のある石の近くを尾っぽを振らせ泳がせると掛かった・・・が、タモ受け失敗!!!

なかなかの良型を3連発で失敗する・・・??

何がいけないのか? ぼちぼち掛けて6匹取って3つ根掛かりバラシて舟出しで逃して気づけば±1つ・・

心が折れそうに・・・そんな頃少し下流の半田氏が竿を曲げている、引き抜きも成功。

半田氏の下に移動し弱ったオトリを泳がせるとゴン・・ゴン‥ゴン・・と3匹ゲット

その間半田氏は入れ掛かりタイムで笑顔満点。

半田氏はニューロッドを今回購入DAIWADAIWA銀影タイプS、相性ピッタリの様子。

銀影

お昼タイムにして空いている下の瀬に入るも全く反応無し!

ここで大きく場所移動、翡翠会で言う『体育館下の瀬』にはいる。

ちょうど2人分の空スペースに陣取り、開始早々ゴン!・・・そう言えば関釣具店のオヤジさんに

竿を上に上げるだけ!と思い出し試してみると簡単にフワッと抜けた。

コツを掴めば練習あるのみ、前アタリを感じた所で止めてガツ~ン!

瀬の引きを味わって引き抜きも成功。

18~20cmの良型を5連荘して終了。

半田氏も最後に竿を大きく曲げる22cmを抜いて終了。

翌日年寄りに便利な老眼付き偏向サングラスを購入、次回から糸通しの苦労から解放される。

老眼
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翡翠会 熊

Author:翡翠会 熊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。