スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月を振り返って

2年前モンキチさんに誘われて笛吹川に行き親父の残した道具一式で初めての友釣り。
正直全く興味なくお付き合い程度のつもりだった。
仕掛けをセットしてもらいオトリのつけ方だけ教わって、さあどうぞ!
魚の付き場もオトリ操作も分からないまま時間だけが過ぎた、適当に流していたら突然
竿をひったくられ、とんでもない力で下流に突進し竿の限界までノサれ針を折られた!
衝撃的な体験をしてしまった。
その後魚を掛ける事は出来るものの取り込みが出来ない・・
『素人は大きいの掛けたら50m下だらないと取れないよ~』確かに瀬の中で20cmクラスを
掛けるとオトリを背負ったまま流れの中を縦横無尽に走りまくる。
ナメテタ・・瀬釣りだから面白さを知った!

翌年安い8mの竿を買った、7月の笛吹に再び挑戦安いけど最新の竿は軽くて強い。
モンキチさんも『この竿いいね~』
しかし釣果は伴わず、お土産分はモンキチさん頼み。
8月にもお誘いがあり三度笛吹へ、この頃には鮎の面白さにドップリ浸かり
真っ赤に日焼けするほど川に立っていた。

10匹掛けて取れるのは3匹、キャッチ確率3割・・・面白いけど難しい。

シーズンオフには雑誌を買いあさり、有料釣りチャンネルを契約し知識をむさぼる。
今年に入り釣具屋のオヤジさんが仕掛けの本と小沢兄弟のDVDを貸してくれた、
ここにとんでもないヒントと教えがあった!
ポイントの見方、竿の角度、テンションの必要性,オバセの意味、石の見方などなど・・・
火がついてしまうと仕掛けも複合メタルを試したくなり、いい竿を使ってみたくなり・・・
セイちゃんのお陰で特価で買えるのでプロセレクトシリーズVS.FW2本購入。

完璧に鮎の虜になって今シーズンを迎える。

覚えた釣り方を試しながら解禁当初はテンションかけた泳がせ釣りでゴン・・とくるアタリを体験。
瀬の中でガンガンと伝わる前アタリから鮎を止めてのガツーンの掛かりを体験。
タモキャッチのコツを少し分かった様な一ヵ月でした。
スポンサーサイト

1日の明暗


小雨降る中出発、いつものように大月は雨はない。

今日は瀬を狙おうと思っていると駐車場には多くの釣り人、瀬を諦めて上流に入る。

朝霧で視界が悪い、鮎の活性も悪い、腕が悪い・・・1時間反応無し!

水深のある石の近くを尾っぽを振らせ泳がせると掛かった・・・が、タモ受け失敗!!!

なかなかの良型を3連発で失敗する・・・??

何がいけないのか? ぼちぼち掛けて6匹取って3つ根掛かりバラシて舟出しで逃して気づけば±1つ・・

心が折れそうに・・・そんな頃少し下流の半田氏が竿を曲げている、引き抜きも成功。

半田氏の下に移動し弱ったオトリを泳がせるとゴン・・ゴン‥ゴン・・と3匹ゲット

その間半田氏は入れ掛かりタイムで笑顔満点。

半田氏はニューロッドを今回購入DAIWADAIWA銀影タイプS、相性ピッタリの様子。

銀影

お昼タイムにして空いている下の瀬に入るも全く反応無し!

ここで大きく場所移動、翡翠会で言う『体育館下の瀬』にはいる。

ちょうど2人分の空スペースに陣取り、開始早々ゴン!・・・そう言えば関釣具店のオヤジさんに

竿を上に上げるだけ!と思い出し試してみると簡単にフワッと抜けた。

コツを掴めば練習あるのみ、前アタリを感じた所で止めてガツ~ン!

瀬の引きを味わって引き抜きも成功。

18~20cmの良型を5連荘して終了。

半田氏も最後に竿を大きく曲げる22cmを抜いて終了。

翌日年寄りに便利な老眼付き偏向サングラスを購入、次回から糸通しの苦労から解放される。

老眼

四方津にて


今回は四方津に入ってみた。

前々からHPを見ていて気になっていた場所、オトリ屋のおじちゃんが親切に駐車場まで誘導。

長い急坂を下り川に出て崖を越え100m程上流にポイントを見付けた。

チャラ瀬に泳がして直ぐにチビが掛かるが、その後しばらく音沙汰なし。

静かな時間が過ぎ日差しが川に広がると反応が出始め、ポツポツ掛かり出す。

昼を過ぎた頃に対岸の深みに石を見付け元気なオトリを泳がすとゴン!

20cmの強烈な引き・・同じところで4連発、4つ目は課題のキャッチ失敗・・・ヘタクソ。

活性が上がって来たので上の瀬を流して1投目で追星2つの良型、続けて追星3つの良型3連発

追星くっきり真黄色の鮎は初めて・・・いや~綺麗。

今回も課題は引き抜き、空中分解3、キャッチ失敗4、むずかしい・・・

帰宅後数えると込み19匹、記録更新。

目標の20までもう少し!



今回はこの場所付近で粘った。
四方津

激寒い中



朝起きると本降りの雨。

今日は竿メーカーWISTのテスター黒さんに実釣講習の予定・・・・が急遽キャンセル!

相談の結果ダメ元で桂川に向かう、トンネルの先は雨はなく初めての猿橋公園に入った。

人気ポイントだけあって既に竿が並んでる、空いているオトリ屋の前で竿を出す。

しかし寒い!!

早々にレインジャンバーを着込む。 2週連続で気温の下がる日に当たるとは。

流れの中にオトリを泳がせると糸に触れる感覚なのか?追われて当たってる感覚なのか?

VSの言う感度? いいかもしんないこの竿!

すぐにガガっと小ぶりながら一匹目ゲット、タモ入れ失敗で頭の周りをビヨーンビヨーン。

気を取り直し同じ筋を泳がせるとゴン!今度は良型良く走る、17cmくらいは竿の弾力で上がってくる。

少し下がって強い流れにオモリを打って沈めるとゴゴン・・ゴーン!

これが前アタリからの本掛かりか?  ん~気持ちいい

詰め込んだ知識をフル活用して終わってみれば15匹の自己記録。

20度を切る気温に小雨ぱらつく中で上出来の一日でした!




鮎15

平成 29 年度 初釣り


6月6日(火) 朝6時出発  途中、相棒の半田氏を拾っていざ桂川へ。

半田氏は本日が鮎デビュー、俺のわがままに付き合ってくれる嬉しい相方です。

初心者の二人が入れる場所をどこにしようか悩んだ末に選んだのは、通い慣れた駒橋オトリ屋上流。

解禁から6日場荒れにアカ腐れ、前夜に雨で気温も下がった状況。

取り合えず我が解禁、釣りが出来れば幸せ気分、半田氏の仕掛けをセットしトロ場での泳がせを任せて上の瀬に入る。

去年のオフから雑誌とDVDでお勉強、複合メタルの編み込みを練習、瀬釣り竿プロセレクトVSの入魂式の始まり。

オトリを入れて間もなく掛かってきたのはチビ鮎君、何はともあれ今期の初鮎に期待大。

ところがその後全く反応なし!

7時から始めて11時まででチビ1つ、少し早めのおにぎりタイム、聞けば半田氏は3つ取ってる!!

元気な天然を借りてトロへ泳がせると直ぐに良型が掛かり課題の引き抜き・・・に失敗。

その様子を録画して頂いておりました・・トホホ

オトリが元気になれば入れ掛かり !?  とはいかないがポツポツ掛けて5匹。

半田氏が二度目の水没で3時に納竿。

本日釣果  オトリ込み  7匹

反省点 : 自分の信じるポイントで粘る。朝のうちは引かない。







プロフィール

翡翠会 熊

Author:翡翠会 熊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。